■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

<{$block.lang_prev_month}>2016年 5月<{$block.lang_next_month}>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
トピック
『捨女句集』が「丹波新聞」2016年5月12日で紹介されました。/近刊の『食満南北著『大阪藝談』』が「毎日新聞」2016年5月12日大阪夕刊3面<夕刊ワイド>と「日本経済新聞」2016年5月12日大阪夕刊4面で紹介されました。/「老のくりごと―八十以後国文学談儀―」の連載第64回を掲載致しました。『老のくりごと−八十以後国文学談儀−』が単行本になります。連載65回〜100回の書き下しを加え、全100回分を全1冊本として刊行します。その内容目次の御案内をします。現在校正中、刊行時期の御案内を次回致します。/山内祥史著『若き日の日野啓三 昭和20年代の文業』が『出版ニュース』2016年3月中旬号で紹介されました。/荻田清著『上方落語―流行唄(はやりうた)の時代―』が」「出版ニュース」2016年3月上旬号32頁(Book Guide)で紹介されました。/山藤夏郎著『〈他者〉としての古典―中世禅林詩学論攷―』が「中外日報」(2016年2月12日)で紹介されました。/山内祥史著『若き日の日野啓三―昭和二十年代の文業―』が第2983回日本図書館協会選定図書に選ばれました。/『上方落語―流行歌(はやりうた)の時代』著者の荻田清先生が「朝日新聞」2016年2月14日日刊15面「著者に会いたい」で本とともに紹介されました。/荻田清著『上方落語―流行歌(はやりうた)の時代』が第2980回日本図書館協会選定図書に選ばれました。/荻田清著『上方落語 流行唄の時代』が、「東京かわら版」2016年1月号で紹介されました。/荻田清先生がジュンク堂広報誌「書標」の「著書を語る」に『上方落語 流行唄の時代』について寄稿されています。/片桐洋一著『平安文学の本文は動く‐ 写本の書誌学序説』が、「日本歴史」812号(2016年1月号)で紹介されました。/語彙研究会 第106回例会発表会の案内を掲載いたしました。/小鹿原敏夫著『ロドリゲス日本大文典の研究』が「ポルトガル通信」46号(2015年7月)で紹介されました。/上田由香利著『歌舞伎に親しむ』が「週刊京都民報」(2015年11月29日)で紹介されます。/『日野昭論文集1 日本書紀と古代の仏教』が第2973回日本図書館協会選定図書に選ばれました。/森田康夫著『評伝三宅雪嶺の思想像』が「出版ニュース」2015年11月下旬号の Book Guide で紹介されました。/片桐洋一著『平安文学の本文は動く‐ 写本の書誌学序説』が、佐々木孝浩先生により「図書新聞」3232号(2015年11月28日)で紹介されました。/木村小夜著『太宰治の虚構』の書評が「日本文学」第64号(2015年9月)に掲載されました。/木村小夜著『太宰治の虚構』の書評が「日本近代文学」第93集(2015年11月15日)に掲載されました。/森田康夫著『評伝三宅雪嶺の思想像』が「京都新聞」「神奈川新聞」「佐賀新聞」「秋田魁新報」の2015年11月1日読書面で紹介されました。/森田康夫著『評伝三宅雪嶺の思想像』が「山梨日日新聞」2015年10月25日読書10面で紹介されました。/大阪市立大学豊臣期大坂研究会 編 大澤研一/仁木宏/松尾信裕 監修 『秀吉と大坂 - 城と城下町』が、『出版ニュース』2015年11月上旬号の「情報区」で紹介されました。/森田康夫著『評伝三宅雪嶺の思想像』が、「読売新聞」地域石川版2015年10月25日朝刊に紹介されました。/片桐洋一・田中まき著『新校注 伊勢物語』の内容見本を掲載いたしました。/『新作能マクベス(DVD付)』と『秀吉と大坂−城と城下町』のパンフレットを追加しました。/いずみ通信41号の全ページのPDFを掲載いたしました!!トップページ左側メニューの「いずみ通信」よりご覧いただけます。/大阪市立大学豊臣期大坂研究会編・大澤研一・仁木宏・松尾信裕監修『秀吉と大坂−城と城下町−』が第2968回日本図書館協会選定図書に選ばれました。/『平安文学の本文は動く―写本の書誌学序説−』の書評が『週刊読書人』2015年10月9日号に掲載されました。/『引用研究史論―文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって―』の書評が『日本語の研究』2015年10月号に掲載されました。/『現代日本語の受身構文タイプとテクストジャンル』『対称詞体系の歴史的研究』『ロドリゲス日本大文典の研究』『実例詳解古典文法総覧』が『日本語の研究』2015年10月号で紹介されました。/『歌舞伎に親しむ―私の見かた・読みかた―』が『演劇界』2015年11月号で紹介されました。/合山林太郎先生が、【第8回 日本古典文学学術賞】を受賞されました。研究業績:『幕末・明治期における日本漢詩文の研究』
書籍名検索(全点検索できます)
書籍著者検索
 
※発売日・頁数等は変更になる場合があります。
できたての本
捨女句集
表紙 芭蕉と同時代に活躍した女流俳句の先駆者、田捨女(でん・すてじょ)の自筆句集242句を翻刻し、解説を施した読みやすいテキスト。
定価(税込):¥1,620
もっと詳しく・注文
捨女を読む会(小林孔/坪内稔典/田彰子)(編著)
和泉書院  発売日 2016年05月20日
中古中世語論攷
表紙 助動詞、敬語の用法を考察する語法篇、源氏物語の清濁と用語を扱う語彙篇、ポルトガル語資料から日本語に迫るキリシタン資料篇の三篇。
定価(税込):¥9,180
もっと詳しく・注文
岡崎正継
和泉書院  発売日 2016年05月10日
国語語彙史の研究三十五
表紙 国語語彙史研究の体系化と共に、語彙史研究の新たな方法論や隣接分野との関わりにも取り組んだ論文集。特集はコーパスと語彙史。
定価(税込):¥9,720
もっと詳しく・注文
国語語彙史研究会(編)
和泉書院  発売日 2016年04月22日
新校注 伊勢物語
表紙 一二五段に補充章段を加えた本文、頭注、解題、系図、年表、和歌・語彙索引を付す。最新の研究成果を取り入れたテキストの決定版。
定価(税込):¥1,512
もっと詳しく・注文
片桐洋一(著)
和泉書院  発売日 2016年04月20日
国語文字史の研究十五
表紙 文化を創造し、時代・地域を越えて情報を伝える言語において重要な役割を果たす文字の視点からの研究と、文字史研究に関する論考。
定価(税込):¥8,640
もっと詳しく・注文
国語文字史研究会(編)
和泉書院  発売日 2016年04月15日
ヒュームの人と思想
表紙 18世紀英国を代表する哲学者の思想を読み解く。第一部で時代背景、第二部で『人間本性論』、第三・四部でヒュームの宗教哲学を考察
定価(税込):¥1,728
もっと詳しく・注文
中才敏郎(著)
和泉書院  発売日 2016年04月15日
大乗院寺社雑事記研究論集 第五巻
表紙 「興福寺住侶寺役宗神擁護和讃」影印初公開。他イェール大学現地調査に基づく新史料翻刻、最新論文等収録。CDでは基礎資料を提供。
定価(税込):¥8,640
もっと詳しく・注文
大乗院寺社雑事記研究会(編)
和泉書院  発売日 2016年04月13日
栄花物語新攷
表紙 栄花物語は中国儒教思想に拠る編年体の時間と、仏教思想の影響を受け成立した。その内的構造を時間と叙述の機構に即して解明する。
定価(税込):¥11,880
もっと詳しく・注文
渡瀬茂(著)
和泉書院  発売日 2016年04月12日
病の言語表象
表紙 日本近現代文学から、社会的な差別をともなう病であるハンセン病、HIV/エイズ、精神病などに対するイメージを詳細に検討。
定価(税込):¥3,780
もっと詳しく・注文
木村功(著)
和泉書院  発売日 2016年04月01日
船場道修町
表紙 道修町の歴史や商法、暮らしや文化について綴る。今はなき昔の道修町が息づく昭和時代の貴重な記録。ご要望の多かった品切本の普及版
定価(税込):¥1,836
もっと詳しく・注文
三島佑一(著)
和泉書院  発売日 2016年03月28日
もうすぐ出る本
織田作之助論
表紙 織田の創作活動を内務省検閲や総力戦体制下の同時代状況と文学状況との関わりの中で捉え直す。価格は予価。
定価(税込):¥6,480
もっと詳しく・注文
尾崎名津子(著)
和泉書院  発売日 2016年06月28日
食満南北著『大阪藝談』
表紙 七十年ぶりに出現した大阪の文化芸談。当時芸苑の中心にいた食満南北が綴る名優、名人の逸話録で歌舞伎、文楽、落語等多岐に及ぶ。
定価(税込):¥3,456
もっと詳しく・注文
神戸女子大学古典芸能研究センター(編)
和泉書院  発売日 2016年06月15日
泉鏡花素描
表紙 創造の源を探るべく、作者が身を置いていた時代に立ちもどり、資料を博捜し、緻密な考証に基づき五彩豊かな鏡花世界の再現を試みる。
定価(税込):¥7,560
もっと詳しく・注文
吉田昌志(著)
和泉書院  発売日 2016年07月25日
トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.