■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-7576-0733-0 C3381
ろどりげすにほんだいぶんてんのけんきゅう
和泉選書176 ロドリゲス日本大文典の研究
定価(税込): ¥3,300
表紙 著作者よみ おがはらとしお 
著者名 小鹿原敏夫 著 著書検索
発売日 2015年03月21日
ジャンル 言語史・言語学史
判型四六判/253頁

イエズス会士ジョアン・ロドリゲスが1604年に長崎で出版した『日本大文典』は西洋人によって書かれた日本語文典の白眉である。当時の西洋人はラテン文法を規範とするしか未知の言語を体系的に記述する術がなかったが、ロドリゲスは様々な創意を持ってラテン文法の規範からはみ出る日本語の特質を良く記述しており、同書は室町後期、江戸時代初期の日本語資料として大いに活用されて来た。
本著は、同時代に中南米からアフリカまで世界各地に派遣された宣教師たちが出版した、いわゆる宣教師文典の一つとして『日本大文典』を再評価する。中性動詞や条件法の分析をはじめとし、他の多くの宣教師文典の分析も踏まえ、クロフォード家本大文典の調査や、『日本大文典』からの影響がみられる『コリャード日本文典スペイン語草稿本』についての論考も含む、待望の本格的な研究書である。初学者向けの解説も含む。

目次
第一章 宣教師文典としての大文典
(1)宣教師文典について
(2)大文典とラテン文典について
(3)思弁文法学(Grammatica speculativa)について
(4)ネブリハのラテン文典について
(6)大文典と天草版アルヴァレスのラテン文典について
(7)大文典と小文典について
(8)まとめ:大文典巻I・IIにおける独創性とはなにか
第二章 大文典における文法記述について
(1)大文典における語構成について
(2)大文典における品詞分類について
(3)大文典における動詞の法について
(4)大文典における「主格」と「主語」について
(5)小文典における「主格」と「主語」について
第三章 大文典における語根について
(0)はじめに
(1)大文典における語根と動詞の活用分類について
(2)ラテン文典と語根について
(3)俗語文典と語根について
(4)新エスパーニャの文典と語根について
(5)新エスパーニャの文典と大文典の共通点について
第四章 大文典における中性動詞について
(0)はじめに
(1)形容詞から形容動詞へ
(2)形容動詞から形容中性動詞へ
(3)「文法家(たち)」による中性動詞三分類
(4)大文典における絶対中性動詞とは何か
(5)おわりに
第五章 大文典の「条件的接続法」から小文典の「条件法」へ
(0)はじめに
(1)アルヴァレスのラテン文典(1572)と条件法について
(2)天草版ラテン文典(1594) と条件法について
(3)大文典(1604) と条件法について
(4)小文典(1620) と条件法について
(5)おわりに
第六章 大文典における「同格構成」と「異格構成」について
(0)はじめに
(1)思弁文法における統語論について
(2)天草版アルヴァレスのラテン文典におけるintransitivaとtransitiva
(3)大文典におけるtransitivaとintransitiva
(4)おわりに
第七章 大文典クロフォード家本について
(0)はじめに
(1)大文典版本二部について
(2)クロフォード家本の伝来について
(3)クロフォード家本の書入について
(4)おわりに
付章 『コリャード日本文典スペイン語草稿本』について
(0)はじめに
(1)大英図書館蔵スペイン語草稿本『八品詞による日本文典』(S本)について
(2)S本とL本に関するこれまでの研究
(3)S本以外の『八品詞による日本文典』について
(4)L本へのネブリハの影響について
(5)L本における不規則動詞について
(6)L本における第一活用動詞と第二活用動詞の混用について
(7) L本とS本における大文典からの範例文引用の相違
(8)S本とL本の関係についての考察
(9)おわりに
付 キリシタン資料について
初出について
参考文献
あとがき
Precis 英文梗概

著者略歴
1959年大阪生れ。
2013年京都大学大学院文学研究科文献文化学科博士課程(修了)。博士(文学)。
Toshio Ogahara
Born in Osaka,Japan 1959.
Ph.D. Department of Letters Kyoto University 2013.

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.