■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

<{$block.lang_prev_month}>2017年 9月<{$block.lang_next_month}>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-7576-0774-3 C1095
さっかさくしゃとはなにか
作家/作者とは何か - テクスト・教室・サブカルチャー
定価(税込): ¥3,888
表紙 著作者よみ にほんきんだいぶんがくかいかんさいしぶ 
著者名 日本近代文学会関西支部 編 著書検索
発売日 2015年11月20日
ジャンル 散文 - 近代・現代
判型A5/256頁

文学研究の現在における〈作家/作者〉の意義を検討したシンポジウムに加え、様々に拡張するイメージとして、あるいは、教育現場やサブカルチャーにおいて、その在処を問う10篇の論考で、新たな研究の地平をひらく。

目次
まえがき

第I部 シンポジウム「文学研究における〈作家/作者〉とは何か」
報告(1) 登場人物の類型を通して作者は何を語るか──私小説を起点に・・・・・・日比嘉高
報告(2) ジャンル・文体の社会的機能と〈作者〉──〈書く読者〉から見た夏目漱石――・・・・・・北川扶生子
報告(3) 教室の中の〈作家〉―─伝記教材における作家像・・・・・・木村功
報告(4) 〈作家/作者〉はなぜ神話化されるのか──文芸解釈の多様性と相対性・・・・・・中村三春
全体討議のまとめ

第II部 〈作家/作者〉を考える
■拡張する〈作家/作者〉イメージ
 「こゝろ」論争の本位──〈作者〉問題の向こう側・・・・・・内藤由直
 交錯する「立体」――テクストと作者をつなぐ通路・・・・・・田口律男
 文学の教養化と作家の効用――国文学・鑑賞主義論争にふれて・・・・・・小平麻衣子
 作者と訳者の境界で――ロラン・バルトから森鴎外へ・・・・・・野崎歓

■教室のなかの〈作家/作者〉
 「古典」との橋渡し役としての「近代以降の代表的な」「作家」──平成20年版中学校学習指導要領を視点として・・・・・・宮薗美佳
 話者の判断の表れた言葉に着目して「高瀬舟」(森鴎外)を読む・・・・・・寺田守
 答えのない「謎」をめぐって──国語教材になった村上春樹の短編作品・・・・・・清水良典

■サブカルチャーと〈作家/作者〉
 TVアニメにおける〈作家/作者〉──『魔法少女まどか☆マギカ』における演出スタイルから・・・・・・禧美智章
 ホラー作家はどこへ行く──「実話怪談」系文庫の変遷を軸に(附)「実話怪談」系文庫リスト・・・・・・奈良崎英穂
 創造され続ける「私」(「作者」)──さくらももこ作品における「神」と〈笑い〉・・・・・・山田夏樹


あとがき・・・・・・大橋毅彦

鴎は旧字

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.