■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-7576-0791-0 C0310
ひゅーむのひととしそう
大阪市立大学人文選書6 ヒュームの人と思想 - 宗教と哲学の間で
定価(税込): ¥1,728
表紙 著作者よみ なかさいとしろう 
著者名 中才敏郎 著 著書検索
発売日 2016年04月15日
ジャンル 英米哲学
判型四六判/168頁

本書は、18世紀のイギリスを代表する哲学者であるデイヴィッド・ヒュームの思想を読み解こうとする試みである。第一部は、ヒューム哲学を醸成した三つの都市、パリ、ロンドン、エディンバラの情景を交えつつ、ヒューム思想の時代背景を跡づける。第二部は、ヒュームの主著と目される『人間本性論』を取り上げ、ヒューム哲学の基礎を成す「知性論」の読み方について論じる。第三部と第四部は、ヒュームの宗教哲学を取り上げる。ヒュームは宗教と哲学の間で自らの論理を徹頭徹尾追求した。第三部では、当時最も物議を醸したヒュームの奇蹟論が論じられ、第四部は、神の存在証明の一つである計画性からの論証に関するヒュームの議論とその哲学的意義を考察する。

目次
第一部 哲学三都物語―ヒュームとパリ、ロンドン、エディンバラ―
 はじめに―スコットランド啓蒙
 一 北のアテネ(1711―37)
 二 ロンドンの憂鬱(1737―49)
 三 エディンバラに錦を飾る(1749―58)
 四 ロンドン―住めば都?(1758―62)
 五 パリ―サロンの憂愁(1762―67)
 六 再び、エディンバラ―終の棲家(すみか)(1767―76)
 おわりに―啓蒙の行方

第二部 ヒュームの読み方―ヒュームの因果論と懐疑論―
 はじめに―ヒュームのレッテル
 一 ヒュームの「観念説」と人間の自然本性
 二 因果論の構造
 三 懐疑論の射程―哲学の自然史
 おわりに―『本性論』と『知性研究』

第三部 奇蹟と蓋然性―ヒュームの宗教哲学(一)―
 はじめに―ヒュームと宗教
 一 奇蹟論の背景
 二 ティロットソンの議論
 三 蓋然性の原理
 四 人間の証言:インドの王子
 五 奇蹟と自然法則
 六 反対しあう奇蹟

第四部 真なる宗教と偽なる宗教―ヒュームの宗教哲学(二)―
 一 宗教的仮説―『知性研究』第11節
 二 人間本性における宗教の起源―『自然史』
 三 計画性からの論証―『対話』その一
 四 真なる宗教と偽なる宗教―『対話』その二
 おわりに―稀薄な理神論?

読書案内

著者略歴
1948年生まれ。
大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(文学)。
専攻 哲学
現在 大阪市立大学名誉教授。
主著 『心と知識』勁草書房、1995年。
   『論理学の基礎』(共著)昭和堂、1994年。
   『ヒューム読本』(編著)法政大学出版会、2005年。

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.