■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

<{$block.lang_prev_month}>2017年 7月<{$block.lang_next_month}>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-7576-0839-9 C1395
おおさかのはいじんたちしち
上方文庫41 大阪の俳人たち7
定価(税込): ¥2,808
表紙 著作者よみ おおさかはいくしけんきゅかい 
著者名 大阪俳句史研究会 編 著書検索
発売日 2017年06月10日
ジャンル 韻文 - 近代・現代
判型四六判/264頁

大阪俳句史研究会は、大阪とその周囲の俳句資料の収集・保存、研究を目的とし、昭和六十年に発足。以来、地道に研究例会を重ね、本シリーズはその例会の成果。対象俳人を最もよく知る執筆者が、新資料やエピソードを豊富に用い、大阪で活躍した俳人の《人と作品》を浮き彫りにした。代表作、著書(参考文献)も示し、俳句を考える基本図書になるだろう。また、大阪の文化や庶民の文化に関心を持つ人には、新しい視覚を提供する。

目次
序(宇多喜代子)
高浜虚子(小林祐代)
川西和露(わたなべじゅんこ)
浅井啼魚 (久留島元)
尾崎放哉(小山貴子)
橋本多佳子(倉橋みどり)
小寺正三(小寺昌平)
桂 信子(中村純代)
森 澄雄(岩井英雅)
山田弘子(黒川悦子)
摂津幸彦(伊丹啓子)

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.