■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

<{$block.lang_prev_month}>2017年 11月<{$block.lang_next_month}>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

書籍検索

作品詳細

ISBN:9784757608498 C3374
ぎだゆうねんぴょうしょうわへんだいよんかん
義太夫年表 昭和篇 第四巻 - 昭和三十年〜昭和三十五年
定価(税込): ¥20,520
表紙 著作者よみ こくりつぶんらくげきじょうぎだゆうねんぴょうしょうわへんかんこういいんかい 
著者名 国立文楽劇場義太夫年表昭和篇刊行委員会 編 著書検索
発売日 2017年09月26日
ジャンル 古典芸能
判型B5/594頁

昭和の人形浄瑠璃については『義太夫年表』昭和篇の刊行が各方面から期待されてきたが、昭和初年からの上演記録としては、文楽研究家??木浩志氏による私家版の『文楽興行記録 昭和篇』(内容は昭和初年から昭和三十八年まで)が存在するのみである。
 このような状況の下で、文楽の本場である大阪の国立文楽劇場内に義太夫年表昭和篇刊行委員会を置き、刊行に向けた準備作業を進めてきた。その過程で多くの資料を収集したが、年表の柱に据えるべきものは、やはり『文楽興行記録 昭和篇』であった。
(中略)以下続けて昭和末年までを予定している。
 本篇の特色として、大夫、三味線、人形の役割をできるだけ演目ごと、段ごとに表記することを原則としている。昭和五年の活字のプログラムの登場までは、主要依拠資料が番付となるが、番付では持場等が明確でないため昭和五年以前については、プログラムに準ずる形で持場等の特定に努めた。
 また、番付の所在が不明ながら、プログラムやチラシ、その他、雑誌や新聞記事等から公演が確認される場合も多いので、本篇では、可能な限り諸資料にあたって詳細な年表の作成を心がけた。(以下略)
(『義太夫年表』昭和篇 刊行について)

目次
凡例
昭和三十年(一九五五 乙未)
昭和三十一年(一九五六 丙申)
昭和三十二年(一九五七 丁酉)
昭和三十三年(一九五八 戊戌)
昭和三十四年(一九五九 己亥)
昭和三十五年(一九六〇 庚子)

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.