■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-7576-0864-1 C3374
かぶきひょうばんきしゅうせい だいさんき だいいっかん
歌舞伎評判記集成 第三期 第一巻 - 自安永二年 至安永四年
定価(税込): ¥16,200
表紙 著作者よみ やくしゃひょうばんきかんこうかい 
著者名 役者評判記刊行会 編 著書検索
発売日 2018年02月23日
ジャンル 古典芸能
判型菊判/476頁

安永〜享和期(一七七三〜一八〇四年)の役者評判記約一二〇点と、第一期・第二期の補遺、索引を収録
役者評判記は十七世紀半ばから明治期にいたるまで継続的に刊行され続けた稀有な芸能資料。
◎歌舞伎の演技や役者の動向、興行の実態などを追うことができ、歌舞伎の史的変遷を具体的にうかがうことが可能となる。近世演劇研究のための必須の基本資料。
◎『歌舞伎評判記集成』第一期・第二期では、明和期にいたるまでの現存する役者評判記が活字化され、歌舞伎研究の進展に多大な貢献をして来た。
◎今期の第三期が対象とする安永から享和期は江戸文学・江戸文化を捉える上でも重要な時代。
 浮世絵の世界では、写楽をはじめ鳥居派や勝川派の役者絵分析のための必須資料である。
 また黄表紙をはじめとする江戸戯作や上方文芸に与えた歌舞伎の影響を考える時、役者評判記は江戸文芸の広範な研究対象に対し有益な情報を含んでいる。
第一期、第二期の後を受け、文化年間の直前までの役者評判記を公刊する意義は極めて大きい。

目次

凡例
役者一陽来(京 江戸 大坂)安永二年正月
役者清濁(京 江戸 大坂)安永二年三月
役者雛祭り(上 中 下)安永二年閏三月
役者位弥満(上 中 下)(安永二年十一月)
役者有難(京 江戸 大坂)安永三年正月
役者位下上(京 江戸 大坂)安永三年三月
役者名物集 安永三年九月
役者津加茂名位(上 中 下)安永三年十一月 *
役者酸辛甘(京 江戸 大坂)安永四年正月
役者芸雛形(京 江戸 大坂)安永四年五月
解題
*本来は「津加茂」で一字

著者略歴
役者評判記刊行会 会員:赤間亮/新井恵/池山晃/神楽岡幼子/金子貴昭/倉橋正恵/黒石陽子/齊藤千恵/佐藤かつら/田草川みずき/野口隆/水田かや乃/光延真哉
顧問:武井協三/土田衞/鳥越文藏/原道生/服部幸雄(故人)/松崎仁(故人)

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.