■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-7576-0867-2 C3381
きんせいしょきはいかいのひょうきにかんするけんきゅう
研究叢書495 近世初期俳諧の表記に関する研究
定価(税込): ¥10,800
表紙 著作者よみ たなかみえこ 
著者名 田中巳榮子 著 著書検索
発売日 2018年02月26日
ジャンル 文字・表記
判型A5/402頁

日本語の表記研究において、近世にはまとまった資料として俳諧という一つの文学ジャンルがある。本研究では、一六四八年から一六八一年刊の『正章千句』『紅梅千句』『宗因七百韻』『江戸八百韻』『當流籠抜』『西鶴五百韻』『江戸蛇之鮓』『江戸宮笥』『軒端の独活』『七百五十韻』を資料として、振り仮名は何故付されるのかなど表記の視点から初期俳諧の実態を記述し、振り仮名や漢字表記には重層した意味を持たせるための表現性を重視した表記法が見えることを指摘した。巻末には今後の表記研究の便宜に資することを期待して「10俳諧集における振り仮名を付す語」他を資料編として収載した。

目次
序文   乾 善彦
序 章 本書の目的と構成
  1 目的と方法
  2 構成と概要
  
第一章 振り仮名が付される漢字表記語と表記形態
 導 言
 第一節 『紅梅千句』における振り仮名
  はじめに
  一 漢字と振り仮名の数量的側面
  二 振り仮名付漢字表記語と俳諧作法書との関係
  三 振り仮名を付す条件
  おわりに
 第二節 『軒端の独活』と『江戸宮笥』の表記
  はじめに
  一 漢字の数量的側面からの考察
  二 『軒端の独活』を中心にした表記の特徴
  三 『江戸宮笥』の振り仮名
  おわりに
 第三節 『正章千句』の振り仮名
  はじめに
  一 振り仮名の分類
  二 『紅梅千句』との比較を通して
  おわりに
 第四節 『宗因七百韻』と『七百五十韻』の表記
      ―振り仮名の機能と表記形態の特徴―
  はじめに
  一 『宗因七百韻』の振り仮名を中心にして
  二 『七百五十韻』の漢字使用の実態
  おわりに
 結 語

第二章 近世初期俳諧の用字・用語考証
 導 言
 第一節 『江戸八百韻』に見える「やさし」の用法
      ―「婀娜(ヤサシ)」「艶(ヤサ)し」について―
  はじめに
  一 「婀娜(ヤサシ)」について
  二 「艶(ヤサ)しき」について
  三 「やさし」に対応する他の漢字の用法
  四 仮名書き「やさし」の用法
  おわりに
 第二節 『當流籠抜』における「悶(イキ)る」について
  はじめに
  一 古辞書類における「悶」と「いきる」
  二 「悶」字の用法
  三 仮名書き「もだゆ」の用法
  四 「いきる」の用例
  五 「煩」と振り仮名の関係
  おわりに
 第三節 『江戸八百韻』に見える「●」の訓みについて   ●は口+多
  はじめに
  一 辞書類での「●」と「アツカフ(ヒ)」  ●は口+多
  二 「●」の用例とヨミ  ●は口+多
  三 「●」について  ●は口+愛
  四 「扱」について
  おわりに
 第四節 『西鶴五百韻』の用字
      ―熟字訓と当て字―
  はじめに
  一 「日外」について
  二 「性躰」について
  三 「上夫」について
  おわりに
 第五節 『紅梅千句』に見える「ふためく」について
  はじめに
  一 古辞書類での「ふためく」と「はためく」
  二 ふためくの用法
  三 はためくの用法
  四 「ふためく」と「はためく」の比較
  五 「ふたふた」と「はたはた」
  おわりに
 第六節 近世初期俳諧における音象徴語
  はじめに
  一 音象徴語の数量的側面
  二 音象徴語の分類と意味用法
  三 漢語の音象徴語
  おわりに
 結 語

第三章 仮名遣いから見た近世初期俳諧集
    ―語頭に「お(オ)」「を(ヲ)」が付く語について―
 導 言
 第一節 本文中の語頭に「お」「を」が付く仮名表記語
     ―定家仮名遣を通して―
  はじめに
  一 仮名表記語と定家仮名遣の関係
  二 定家仮名遣に準じると見做した語
  三 定家仮名遣と一致しない語
  おわりに
 第二節 振り仮名の語頭の「オ」「ヲ」の仮名遣い
  はじめに
  一 同語における振り仮名と仮名表記の語頭の仮名遣いが一致する語
  二 振り仮名と仮名表記の仮名遣いが異なる語
  三 振り仮名の仮名遣いと定家仮名遣・節用集との関係
  おわりに
 結 語

終 章 本書の結論と今後の課題

あとがき

資料編
 【資料一】 『紅梅千句』の振り仮名を付す語と俳諧作法書との関係
 【資料二】 『紅梅千句』の振り仮名を付す語と条件との関係
 【資料三】 10俳諧集における振り仮名を付す語

索引

著者略歴
一九四一年 大阪府に生れる
二〇一三年 関西大学大学院博士後期課程修了
学   位 博士(文学)
現   在 関西大学東西学術研究所非常勤研究員
専   攻 近世表記史

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.