■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-7576-0851-1 C1592
いろはじゅんかごじてん
和泉事典シリーズ34 いろは順 歌語辞典 - 有賀長伯『和歌八重垣』
定価(税込): ¥4,320
表紙 著作者よみ みむらてるのり 
著者名 三村晃功 著 著書検索
発売日 2018年12月05日
ジャンル 辞書・辞典
判型A5/272頁

本書は、江戸時代の地下の一流として、望月長孝らの学統を継ぐ、有賀長伯の編著『和歌八重垣』(第4巻〜同7巻)に所収の歌語2300余語を、簡にして要を得た現代語訳で記述した、初心者向けのいろは順歌語辞典である。と同時に本書は、長伯の和歌の理論と実践編たる『和歌八重垣』(第1巻〜同3巻)を内容とする、拙著『古典和歌の詠み方読本』(新典社)の資料編としての位置を保っている。近世後期の歌ことばの必見書である。

目次
はじめに
五十音順歌語目次
凡例

いろは順歌語辞典―有賀長伯『和歌八重垣』―

歌ことば・歌語の略史
 一 はじめに
 二 歌語の定義
 三 上代後期から中古前期
 四 中古後期
 五 中世前期
 六 中世中期
 七 中世後期
 八 近世前期
 九 近世後期
 十 補遺 堂上家の歌論・歌学書
参考文献
あとがき
和歌索引

著者略歴
昭和15年9月 岡山県高梁市に生まれる
昭和40年3月 大阪大学大学院文学研究科修了
平成28年4月 瑞宝中綬章受勲
専攻 日本中世文学(室町時代の和歌)
現職 京都光華女子大学名誉教授・前学長
学位 博士(文学・大阪大学)
主要編著書
『明題和歌全集』(昭和51年2月、福武書店)、『明題和歌全集全句索引』(昭和51年2月、福武書店)、『中世私撰集の研究』(昭和60年5月、和泉書院)、『続五明題和歌集』(平成4年10月、和泉書院)、『中世類題集の研究』(平成6年1月、和泉書院)、『公宴続歌 本文編・索引編』(編者代表、平成12年2月、和泉書院)、『中世隠遁歌人の文学研究』(平成16年9月、和泉書院)、『近世類題集の研究 和歌曼陀羅の世界』(平成21年8月、青簡舎)、『古典和歌の世界―歌題と例歌(証歌)鑑賞―』(平成22年12月、新典社)、『古典和歌の文学空間―歌題と例歌(証歌)からの鳥瞰―』(平成24年7月、新典社)、『古典和歌の時空間―「由緒ある歌」をめぐって―』(平成25年3月、新典社)、『続・古典和歌の時空間―長流と契沖の「由緒ある歌」の展望―』(平成26年1月、新典社)、『古典和歌の詠み方読本―有賀長伯編著『和歌八重垣』の文学空間―』(平成26年12月、新典社)など。

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.