■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-7576-0653-1 C3395
やくもみしょうのけんきゅう めいしょぶ よういぶ
研究叢書431 八雲御抄の研究 名所部・用意部
定価(税込): ¥22,000
表紙 著作者よみ かたぎりよういち 
著者名 片桐洋一 編 著書検索
発売日 2013年02月28日
ジャンル 韻文(和歌、短歌、俳句など)
判型B5/573頁

歌学書の重要な要素である「地名」を集大成して用例を示す「巻第五 名所部」と、「和歌とはなにか」「和歌をいかに詠むべきか」を追求し、時代の和歌的様相を知らしめる「巻第六 用意部」について、先行の和歌、歌学、歌論を博捜して読解する。主要四伝本の翻刻と索引を付す。


【本書の特色】
『八雲御抄』の「巻第五 名所部」は、歌ことば表現の重要な要素である「地名」の集大成で、「巻第三 枝葉部」「巻第四 言語部」に続き、歌枕表現の基礎研究に欠かせない部分である。また「巻第六 用意部」は、順徳院の和歌観と時代の様相を知ることのできる、全六巻のまとめとなるべき巻で、後世に多大な影響を与えたものである。
(1)本文篇―主要四伝本(国会本・幽斎本・書陵部本・内閣本)を対照して翻刻した。
(2)研究篇―巻五では、先行の歌学書・歌集・散文から『八雲御抄』があげた用例の出典を探り、『五代集歌枕』との関係と、それ以後の順徳院の研鑽の成果を明らかにし、巻六では、新古今以後の歌壇を天皇の立場から憂う順徳院の和歌観を、先行歌論と比較しながら述べた。
(3)索引篇―研究篇本文による地名索引、人名索引、書名・事項索引、和歌・歌句索引を付した。

目次

本文篇
  本文篇目次
  本文篇凡例
 八雲御抄 巻第五 名所部(国会本・幽斎本・書陵部本・内閣本)
 八雲御抄 巻第六 用意部(国会本・幽斎本・書陵部本・内閣本)

研究篇
  研究篇目次
  研究篇凡例
 八雲御抄 巻第五 名所部
 八雲御抄 巻第六 用意部

索引篇 
  索引篇凡例
 地名索引
 人名索引
 書名・事項索引
 和歌・歌句索引
 
編者・執筆者紹介 担当一覧
『八雲御抄の研究』全巻目次

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.