■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

書籍検索

作品詳細

ISBN:978-4-7576-0714-9 C1591
きんだいせんそうぶんがくじてん
和泉事典シリーズ31 近代戦争文学事典 第十三輯
定価(税込): ¥11,000
表紙 著作者よみ やのかんいち 
著者名 矢野貫一 編 著書検索
発売日 2014年07月15日
ジャンル 散文 - 近代・現代
判型A5/415頁

明治初年以来の戦争文学および周辺の文献は尨大な数に上る。それらの文学史、思想史に落とす影は濃い。けれども、戦争にかかわるがゆえに、時の事情により或は喧伝され或は黙殺されて、いまだ正当な位置づけを得ていない。研究の基礎となるべき文献目録さえ寥々たるありさまである。
ここにそれらの文献を尋ね、書誌・内容を録し、論評を加えた。出版年代順に排列して、その変遷を概観する。稀覯資料多数を登載。

目次
〔主な収載項目〕
【幕末・明治期】
元治夢物語(馬場文英)/谷干城君意見書写/海戦日録(小笠原長生)/血汗(西村酔夢)/大詔(真下飛泉)他(全42点)

【大正期】
橘中佐(大谷深造)/軍談(秋山真之)/趣味の日清日露戦史(及川源七)他(全13点)

【昭和戦前戦中期】
●戦前=不戦条約中人民の名に於ての問題(美濃部達吉編)/戦争(北川冬彦)他(全18点)
●日華事変期=兵とその家族(関田生吉)/時局下の思想問題(石橋湛山)/花と兵隊(火野葦平)/雪華(野村玉枝)/いくさ土産(氏原大作)/野菊の兵士(菊池寛)他(全48点)
●大東亜戦争期=宣戦布告(土岐愛作)/南十字星下(向井潤吉)/雪よりも白く(辻勝三郎)/祖国の山河(五十公野清一)/セレベス海軍戦記(湊邦三)他(全50点)

【昭和戦後期】
●被占領期=沈みゆく信濃(諏訪繁治)/終戦覚書(高木惣吉)他(全9点)
●講和条約発効以後=春の城(阿川弘之)/ひろしまのピカ(丸木俊)/神風特別攻撃隊ゼロ号の男(大野芳)/カウラの突撃ラッパ(中野不二男)/死んでもブレストを(早乙女勝元)他(全69点)

【平成期】スペインで戦った日本人(石垣綾子)/児玉飛行場哀史(北沢文武)/戦争のなかの京都(中西宏次)/戦争の旅の女(西田智慧子)/白色白光(梶山雅子)他(全92点)

【翻刻篇】秋の日てり 上/あきの日照 下/丁丑擾乱記/谷干城君意見書写

索引(書名作品名/著者編者名)

トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.