■日本文学・日本語学・日本史学と上方文化本の図書出版

TOP : 『院政鎌倉期説話の文章文体研究』『仮名遣書論攷』の書評と『テキストにおける語彙的結束性の計量的研究』の紹介が「日本語の研究」13巻3号に掲載されました。
投稿者 : izumipb 投稿日時: 2017-06-28 11:23:09 (90 ヒット)

藤井俊博 著『院政鎌倉期説話の文章文体研究』の山本真吾先生による書評、今野真二 著『仮名遣書論攷』の長谷川千秋先生による書評と山崎 誠 著『テキストにおける語彙的結束性の計量的研究』の紹介が「日本語の研究」13巻3号(2017年7月号)に掲載されました。

『院政鎌倉期説話の文章文体研究』書誌詳細はこちら
『仮名遣書論攷』書誌詳細はこちら
『テキストにおける語彙的結束性の計量的研究』書誌詳細はこちら


トップページに戻る
個人情報について | 著作権について | サイトマップ | お問い合わせCOPYRIGHT (C) 2009 @Izumi Shoin. ALL RIGHTS RESERVED.